お知らせ

07月19日(土)午後06時44分

7月26日に回向柱斧入れ式を行います 奉賛会からのお知らせ

pic_gokaicho_03_250
 長野市松代の善光寺回向柱寄進建立会では、7月26日(土)に回向柱斧入れ式を松代地区内の中村神社で開催します。
 回向柱とは卒塔婆の一種で、御開帳期間中に本堂前に立てられる高さ約10mの柱です。善光寺前立本尊の御手と「善の綱」によって結ばれ、回向柱に触れることで前立本尊に触るのと同じ御利益あるといわれます。
 前回は松代藩領地だった上水内郡小川村から回向柱を切り出しましたが、平成27年の善光寺御開帳開催にあたり善光寺に奉納される回向柱は、松代地区内の中村神社の樹齢200年を越える杉が選ばれました。来年の御開帳に向けていよいよ準備が始まります。(写真は前回平成20年に行われた回向柱斧入れ式の様子)

▲トップへ戻る