お知らせ

02月24日(火)午前11時47分

風月堂本店、全面改装オープン 長野の老舗菓子店、休み処新設 信毎御開帳ニュース

2015022403
 老舗菓子店の風月堂(長野市)は23日、長野市の善光寺表参道に面した本店をリニューアルオープンした。間近に迫った善光寺御開帳や北陸新幹線(長野経由)金沢延伸に向け、約40年ぶりに店内外を全面改装。明るく開放的な雰囲気になった新店舗で観光客を迎える。
 広さ約100平方メートルの店内には、千曲市の画家越ちひろさんが描いた壁画があり、店のシンボルマークの扇やアンズの実があしらわれている。テーブル4卓計8席の「休み所」も設け、甘酒(税込み250円)や抹茶アイス(同)などが味わえる。
 店の外装は、壁を塗り替えて屋根瓦を新調。改装前の店舗にあったシャッターを撤去し、閉店後も店内の雰囲気が窓越しに見えるようにした。宮島章郎社長は「御開帳などで訪れる多くのお客さまに、ゆっくり買い物を楽しんでもらいたい」としている。
写真説明:リニューアルオープンした風月堂の本店=長野市

▲トップへ戻る