お知らせ

03月14日(土)午後12時51分

記念パックの「応援バナナ」 主要行事をシールに16日発売 信毎御開帳ニュース

2015031408
 長印(長野市)は、売り上げの一部を県の環境保護事業などに寄付する「ふるさと信州応援バナナ」を、善光寺御開帳(4月5日〜5月31日)記念の期間限定特別パッケージで16日に発売する。
 善光寺本堂前で行う御開帳の主要行事の一つ「中日庭儀大法要」の様子の写真などをシールにデザイン。包装パッケージに貼り付けた。
 応援バナナは、1パック売り上げるごとに1円を県に寄付する仕組み。2008年に販売を始め、09年の前回の御開帳期間も特別パッケージで販売した。通常の1・5倍を売り上げて好調だったため、今回も販売することにした。果実部の担当者は「売り上げが伸びれば県の環境により大きく貢献することができる」としている。
 県内のスーパーや青果店などで5月末まで取り扱う。希望小売価格は200円程度。
写真説明:パッケージで善光寺御開帳をアピールするバナナ

▲トップへ戻る