お知らせ

04月08日(水)午前11時43分

「七つの祈り」江守徹さん語る 俳優らリレー式の朗読劇始まる 信毎御開帳ニュース

2015040810
 長野市の善光寺で7日、有名俳優らがリレー式に公演する御開帳記念の朗読劇「七つの祈り」が始まった。この日は大本願で、10日まで4夜を担当する俳優の江守徹さん(71)らが、善光寺如来が結ぶ縁の不思議さを語り掛けた。
 結婚を約束した女性と別れて旅に出た男性が偶然善光寺に立ち寄り、僧侶や父親と生き別れた女性との掛け合いを通じて物語が進む。善光寺如来が長野にやって来た由来(善光寺縁起)を基に、今も昔も変わらない人間の苦悩や情の深みを、僧侶役の江守さんの語りと若手俳優らの演技、音楽でしみじみと聞かせた。
 大本願と大勧進を会場に20公演を予定し、江守さんの後は赤井英和さん(14〜17日)、石丸謙二郎さん(5月12〜15日)、井口成人さん(5月19〜22日)、大和田伸也さん(5月26〜29日)が出演する。一般3500円、学生2500円、小学生1800円。問い合わせは主催の「ながの文化プロジェクト」(電話03・5340・7141)へ。
写真説明:朗読する江守徹さん(左)と俳優ら

▲トップへ戻る