お知らせ

04月15日(水)午前11時25分

お守り「姫地蔵」御開帳に合わせ販売 千曲でも盛り上げへ 信毎御開帳ニュース

2015041506
 千曲市森のアンズ加工食品製造・販売の横島物産が、お守り「姫地蔵」を販売している。長野市の善光寺で開かれている御開帳を千曲市でも盛り上げようと企画。商品は善光寺大勧進で祈祷(きとう)したという。
 姫地蔵は高さ2センチほど。人のような姿をしており、胴は着物の端切れで小さな着物を作り、頭は数珠の玉を使っている。名前は、江戸時代前期に松代藩へ嫁ぎ、千曲にアンズを広めたとされる宇和島藩(現在の愛媛県)の豊姫にちなんだ。同社は「数珠の玉が割れるといった時は、お守りが持ち主の身代わりになり、悪い縁を切ってくれたと思ってほしい」としている。
 1個800円(税込み)。千曲市森の横島物産の売店などで販売している。問い合わせは同社(電話026・273・1311)へ。
写真説明:善光寺の御開帳に合わせて販売しているお守り「姫地蔵」

▲トップへ戻る