よくあるご質問

善光寺御開帳について

善光寺御開帳とは?

善光寺の御本尊とされる「一光三尊阿弥陀如来」は、白雉5年(654年)から絶対秘仏となっており、そのお身代わり(分身)としての「前立(まえだち)本尊」(鎌倉時代作 国重要文化財)を数え年で7年に1度(暦年で6年に1度)本堂に移し、特別にお姿を拝観できる「善光寺前立本尊御開帳」のことを言う。丑と未の年に行われる善光寺の盛儀である。

御開帳の期間は?

4月5日(日)から5月31日(日)まで。

回向柱とは?

御開帳期間中、前立本尊中央の阿弥陀如来の右手中指に結ばれた金の糸が五色の糸、そして白い「善の綱」につながり、本堂前に立てられた柱に結ばれる。回向柱に触れることは、御本尊様に触れることと同じ御利益があるとされる。

回向柱は2本あると聞いたが?

本堂前と世尊院(釈迦堂)前の2本の回向柱がある。本堂前の回向柱は太さ1.5尺(45cm)角、高さ33尺(約10m)で、世尊院前の回向柱は1尺(30cm)角、高さ21尺(約6m)。
世尊院の御本尊は釈迦涅槃像(鎌倉時代作 国重要文化財)であり、回向柱につながっており、両方の回向柱に触れることで、現世(釈迦)と来世(阿弥陀如来)の幸せがかなうとされている。

回向柱に書いてある文字(梵字)の意味は?

上から「空 風 火 水 地(キャ カ ラ バ ア)」。仏教において宇宙を構成する5大要素として考えられており、青、黒(紫)、赤、白、黄の五色が充てられる。

前立本尊が見られる時間は?

お朝事の法要で前立本尊の厨子の扉が開かれ、夕座法要(午後5時~)で扉が閉じられる。
お朝事の法要の時間は以下のとおり。本堂(外陣の参拝)は、お朝事の1時間前に開門される。
◎4月5日~24日:午前6時~7時
◎4月25日~5月31日:午前5時30分~6時30分 ※5月15日のみ午前5時10分~6時30分

回向柱に触れることができる時間は?

24時間触れることができる。今回の御開帳では、回向柱の夜間ライトアップ(午後9時まで)を実施する。それに合わせ、お守りの授与所や仲見世通りの店舗も開いている。

善光寺の参拝は有料か?

外陣の参拝は無料で、午後9時まで開門している。内陣の拝観(お戒壇めぐり含む)は大人500円、高校生200円、小・中学生50円。山門の拝観は午前6時30分から午後7時30分まで、大人500円、高校生200円、小・中学生50円。

お朝事とは?

大勧進のお貫主(かんす)様と天台宗一山の住職、大本願のお上人様と浄土宗一山の住職によって毎朝法要(読経)が行われる。
 
詳細はこちらをご覧ください(善光寺公式サイト)

お数珠頂戴はいつできるか?

お貫主様とお上人様のお朝時の向かう途中で、参拝者が本堂前の石畳にひざまずいていると、お数珠で頭を撫でていただける。お朝時の時間の10分前を目安に。

御印文(ごいんもん)頂戴はいつできるか?

期間中、法要が行われる日を除き、午前8時30分から午後5時まで、本堂入口付近で行われる。御印文とは、御本尊(阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)の功徳が込められた3つの御印文で、善光寺の宝印である。この印を額に押された者は、極楽浄土へ行くことができるとされる。通常は1月7日から15日に行われているが、御開帳期間中は特別に実施される。落語「お血脈」の題材としても知られている。

御開帳に関わる主な行事は?

御開帳期間中に開催される主な行事は、こちらをご覧ください
行事によっては、本堂内の参拝に規制がかかる場合があります。規制のかかる日時はこちらをごらんください(善光寺事務局のサイト)。(4/25(土)中日庭儀大法要(天台宗)、5/9(土)中日庭儀大法要(浄土宗)、5/17(日)篠ノ井大獅子奉納、5/24(日)町神輿奉納 など)
なお、毎日の行事はこちらをご覧ください

回向柱の産地は?

現在の本堂再建の際に松代藩が協力した縁により、慣例で松代町から回向柱が寄進される。今回は松代町西条の中村神社(西条小学校の隣)の御神木の中から選ばれた。中村神社からは前々回の2003年の御開帳の際も用材が伐り出された。

善光寺七福神とは?

善光寺表参道とその周辺にまつられている七福神で、「七福神巡り」という約2.5kmのコースが設定されている。全て廻るのに約2時間かかる。
1:寿老人(かるかや山西光寺)、2:大黒天(中央郵便局西)、3:福禄寿(十念寺・西後町秋葉神社)、4:弁才天(権堂まちづくりセンター東側・往生院)、5:布袋(藤屋御本陣)、6:恵比寿(西宮神社)、7:毘沙門天(世尊院釈迦堂)

ご朱印は朝何時から夜何時まで受け付けていますか?

お朝事の始まる1時間前、午前4時半から午後8時頃まで善光寺本堂前右手の授与品所または本堂前左手のご朱印受付所で、受け付けています。

祈祷や供養の法要はどこで受け付けていますか?

ご供養・ご祈願のお申込みは「ご朱印受付所」(本堂前左手のご朱印受付所か、本堂前右手の授与品所の建物北側)で受け付けています。
ご供養・ご祈願をお申込みいただくと並ばずに前立本尊の近くまでお入り頂けます。

観光について

お土産に何を買えば良いか?

ながの市のおすすめ物産一覧(長野市の観光と物産展実行委員会)をご参照ください。

なお、善光寺土産としては、七味唐辛子が有名です。その他に、おやき、味噌(すや亀よしのや(味噌・日本酒)、三原屋 等)、和菓子(長野風月堂の玉だれ杏、小布施の栗菓子 等)、つるやの酒饅頭、藤田九衛門商店の鯉焼き等を始め様々なお土産があります。
仲見世通りぱてぃお大門駅前周辺ながの東急百貨店(地下1階お土産売り場)、駅ビルMIDORI内でもお土産を販売しています。

この他、5月2日、3日長野駅前の街なか市場チラシ)、善光寺~長野駅の参道にて、セントラルスクゥエア表参道門前市TOiGO広場 でもお土産品を販売しています。ぜひお立ち寄りください。

善光寺のお参りの後、行く所・見る所(観光地やお店)を紹介して欲しい。

(1) 30分~1時間程度で徒歩(電車の待ち時間等):刈萱山西光寺、西方寺、十念寺、西之門よしのや、すや亀、藤屋御本陣、ぱてぃお大門 等
(2) 数時間程度で徒歩:信濃美術館、城山公園、城山動物園、雲上殿、七福神巡り 等
長野市善光寺表参道ガイド協会では、七福神巡り、回向柱巡りのご案内をしています。ぜひご利用ください(有料)
(3) 数時間~半日程度でバス又は自家用車(市内):戸隠神社(式年大祭)、松代、川中島古戦場 等
(4) 市外(公共交通):小布施・湯田中渋温泉(長野電鉄)、戸倉上山田温泉(しなの鉄道)、別所温泉・北向観音(しなの鉄道上田駅~上田電鉄別所線)
(5) 天然温泉に入りたい場合:裾花峡温泉うるおい館(徒歩・バス)、松代温泉、豊野りんごの湯、若穂ゆ~ぱれあ、保科温泉、大豆島湯ったり苑 等(自家用車・バス)

交通について

長野駅から善光寺までのバスは?

長野駅 善光寺口(西側)1番乗り場発のバスにご乗車さい。1番乗り場発のバスはすべて善光寺を経由します。 
  
長野駅~善光寺大門(15分150円)。時刻表掲載のバス以外にも混雑期には増発しているため、日中はあまり待ち時間なくお乗りいただけます。時刻表はこちら
  
その他、中心市街地循環バス、レトロ調バスなども運行しています。
◎ぐるりん号(中心市街地循環バス)
中央通り経由:善光寺口4番のりば乗車、「花の小路(善光寺入口)」(C7)下車(大人150円)
大通り経由:善光寺口7番のりば乗車、「善光寺大門」(C23)下車(大人150円)
詳細はこちら アルピコ交通のぐるりん号のページ 
 
◎びんずる号(レトロ調バス)、路線バス「善光寺経由宇木行」又は「善光寺経由若槻東条行」
善光寺口1番のりば乗車、「善光寺大門」(藤屋御本陣前)下車(大人150円)
詳細はこちら アルピコ交通のびんずる号のページ 

長野駅から善光寺まで、長野電鉄で行くには?

長野駅乗車、善光寺下駅下車(大人170円) ※善光寺まで徒歩約20分(登り坂)

長野駅から松代までのバスは?

路線バス「古戦場経由松代行き」
善光寺口3番のりば乗車、松代駅下車(大人650円)

長野駅から戸隠までのバスは?

◎急行・ループ橋経由戸隠高原行:善光寺口7番のりば乗車、戸隠中社(大人1,250円)、鏡池・奥社(大人1,350円)、キャンプ場(大人1,450円)で下車
◎バードライン経由戸隠高原行:善光寺口7番のりば乗車、戸隠中社(大人1,250円)、鏡池・奥社(大人1,350円)、キャンプ場(大人1,450円)で下車
◎県道経由戸隠中社行:善光寺口7番のりば乗車、戸隠中社(大人1,250円)
◎善光寺・戸隠祈願ライナーバス(戸隠式年大祭に合わせて運行)
   運行期間:平成27年4月25日(土)~5月31日(日)
   運行ルート:善光寺 → 飯綱高原 → 宝光社 → 中社着 
善光寺 ← 飯綱高原 ← 宝光社 ← 中社発 
   運行便数:1日6便(ゴールデンウィーク中は1日7便)
   料金:大人1,000円、小人500円

長野駅から小布施までの公共交通は?

◎シャトルバス
御開帳期間中、長野電鉄が長野駅東口から小布施北斎館までの直通シャトルバスを運行。
◎長野電鉄
長野駅乗車、小布施駅下車(大人770円)

長野駅から湯田中(渋温泉)まで、長野電鉄で行くには?

長野駅乗車、湯田中駅下車(大人1,160円) 
※特急「ゆけむり」「スノーモンキー」乗車の場合は、特急料金として大人+100円

長野駅から戸倉上山田温泉にしなの鉄道で行くには?

長野駅乗車、戸倉駅下車(大人410円)、千曲市循環バスに乗り換え、「上山田線」乗車(大人200円)

長野駅から別所温泉(北向観音)に鉄道で行くには?

長野駅乗車、上田駅下車(大人770円)、上田電鉄別所線に乗り換え、別所温泉駅下車(大人590円)

車椅子で善光寺に参拝できますか?

車椅子でも、善光寺にご参拝いただけます。
善光寺本堂は、右側にあるスロープで本堂内に入ることができます。
なお、山門など一部は迂回していただくところもあります。
詳細は善光寺の公式サイトをご覧ください。「車椅子でのお参りについて」

なお、長野駅の長野市観光情報センターでは車椅子の貸し出しをしています。
(午前8時~19時[4月~9月])

▲トップへ戻る